スラッピーケークスの コンセプト

アメリカ、オレゴン州のポートランドはブランチカルチャーで知られる町です。町の至る所に美味しい朝食レストランが建ち並ぶこの町で、レストラン+ブランチ+“自分で作る”というコンセプトを融合させてできたレストランがスラッピーケークスです。ほとんどの支店ではディナーも提供していますが、多くの皆様にはパンケーキ、各種カクテル、そしてFUN(楽しさ)を提供するレストランとしてご愛顧いただいております。

 

スラッピーケーキの 歴史

スラッピーケークスは、家族経営のレストランとして2009年にオレゴン州、ポートランドにオープンしました。これまでに、アメリカの人気番組、The Cooking Channel, Rachael RayやWomen's Day Magazineなどに紹介され、Food Network's チャンネルではアメリカのベストレストランのトップ10に選ばれています。現在はハワイのマウイ島、日本、フィリピン、シンガポールに計6店のスラッピーケークスがあり、今後も世界中に進出予定です。

コミュニティー 活動

スラッピーケークスは、コミュニティーの一員として、地域の活発化につながる活動をしています。その一環として、スラッピーケークスの食材はできる限り地元で調達され、環境、社会貢献において持続可能な経営を目指しています。